寛容とピース

ー世の中の争いが少しでもなくなり、おだやかな世界になるようにー

見える

f:id:hoho7emi:20201018203911j:plain

 

怒りは周りを見えなくする。

 

怒りにとらわれると、周りの状況を考えずに行動してしまう。

 

怒りにとらわれると、その怒りの相手のことばかり考えてしまい、他のことを冷静に考えられなくする。

 

それは、かえって自分にとって失敗を招きやすく、後で後悔することも多い。

 

そのため、怒りからできるだけ離れているほうがよいと思う。

 

怒りに心がとらわれそうになった時にも、少し心を落ち着けて、冷静な判断ができるように。

 

本当は怒らなくてもいいこと、本当は相手を許せること、実は自分のほうが身勝手なこと。

 

そんなことが、意外と多いものだ。

 

できるだけ怒らずに、おだやかな気持ちで、いつも過ごしたいものだ。